忍者ブログ

06

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
+09:00" dc:description="×[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。function closeBlogInactiveCm(){document.getElementById('ninja-blog-inactive').style.display = "none";}" dc:identifier="http://naraitaina.bangalog.com/Entry//" /> -->
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

+09:00" dc:description="東アフリカの人気布を販売しているお友達もよろしくおねがいします。アフリカ女性はこのカンガ布を腰に巻いてスカートにして使っていますよ。 カンガっていうか、東アフリカの女性達はかなりこのスタイルがお気に入りのようで・・。無限のデザインや無限のことわざがこのカンガにはあって、それもこの特別な布を魅力的なものにしている要素のようですて。アフリカと言えば、大自然や野生動物が有名ですよね。 カンガさて、カンガ" dc:identifier="http://naraitaina.bangalog.com/Entry/20/" /> -->
東アフリカの人気布を販売しているお友達もよろしくおねがいします。アフリカ女性はこのカンガ布を腰に巻いてスカートにして使っていますよ。 カンガっていうか、東アフリカの女性達はかなりこのスタイルがお気に入りのようで・・。無限のデザインや無限のことわざがこのカンガにはあって、それもこの特別な布を魅力的なものにしている要素のようですて。アフリカと言えば、大自然や野生動物が有名ですよね。
カンガ
さて、カンガで帽子を作ってみようと思いまして、今チャレンジ中です。
うまくいくでしょうか?

カンガで作られたキャスケットというのはみたことありますけどね。

ふんわりとした形がかわいいデザインでした。
PR
+09:00" dc:description="趣味や習い事を持つというのはひとのアクティブな要素の一つであるエンドルフィンの産性を刺激するのでとても有益なんだそうです。世の中いろんな習い事や趣味があるもので、ネットを閲覧していたら興味深いものを見つけましたよ。「DECOクレイクラフト」というものですが、  これは、粘土工芸作家の宮井先生によって設立されDECOクレイクラフト(装飾粘土工芸)と名付けられた手芸の新しい分野なんでそうです。このDE" dc:identifier="http://naraitaina.bangalog.com/Entry/19/" /> -->
趣味や習い事を持つというのはひとのアクティブな要素の一つであるエンドルフィンの産性を刺激するのでとても有益なんだそうです。
世の中いろんな習い事や趣味があるもので、ネットを閲覧していたら興味深いものを見つけましたよ。

「DECOクレイクラフト」というものですが、
  
これは、粘土工芸作家の宮井先生によって設立されDECOクレイクラフト(装飾粘土工芸)と名付けられた手芸の新しい分野なんでそうです。このDECOクレイクラフトは日本全国に広まり、日本だけではなく、台湾、香港にまで広まっているようです。

2000年にはアメリカ、ハワイのほうへ新たにデコのスタジオをオープンし、作品の幅もさらに広がり展開されているようです。

お花のブーケを作ったり、かわいらしくやっておられるようです。

可愛い趣味はたまんないって方はいいかもしれませんね。

+09:00" dc:description="ケイコとマナブってだれだ??最初にこのサイトの名前を聞くとそう思うかもしれませんね。これはお稽古と学ぶにかけてあるサイト名なのですね。まぁ、うまい!ってことにしておきましょうか。お稽古とか資格とかで調べると必ず出てくる有名サイトに今や成長しましたよ。あなたも楽しいこととか、ワクワクすることとか、何か刺激が欲しいって思うことありませんか?もちろんあるでしょう!「ケイコとマナブ.net」では、そんなあ" dc:identifier="http://naraitaina.bangalog.com/Entry/18/" /> -->
ケイコとマナブってだれだ??

最初にこのサイトの名前を聞くとそう思うかもしれませんね。
これはお稽古と学ぶにかけてあるサイト名なのですね。
まぁ、うまい!ってことにしておきましょうか。

お稽古とか資格とかで調べると必ず出てくる有名サイトに今や成長しましたよ。

あなたも楽しいこととか、ワクワクすることとか、何か刺激が欲しいって思うことありませんか?
もちろんあるでしょう!

「ケイコとマナブ.net」では、そんなあなたの今の気持ちから、気軽に行ける“きっかけレッスン”やスクール・講座情報が探せるのです。
しかもやりたいことが決まってる人は、キーワードを入れてレッスン情報を簡単検索できるんです。
またまたなんとなくだけど学びたいジャンルが決まっている人は、ジャンル別に簡単検索もできちゃう。
わたしここ行きたいな、と思ったレッスンに予約申し込みもできるし、説明会への予約申し込み、資料請求も簡単にできちゃうんですよね。
最高に便利なお稽古検索サイトなワケです。

「このスクールに通ってみたいけど、どんな所か心配だ」とか、「生徒はどんな人達が多いんだろうか」とか、そんな迷いや心配もこのサイトの充実した写真とスクール・講座情報ページできっと解決できるはずです。
ぜひあなたもお試しあれ!

+09:00" dc:description="チン、リン、トン、ポン、シャン・・・・三味線の音やそれにあわせて声を出す浄瑠璃は日本人なら誰でも一度は聞いたことのあるものだよね。そして一度は自分でその音を出してみたいものでもあるよね。今や江戸情緒あふれる三味線の響きや浄瑠璃は老若男女のための“粋”な音楽といっても過言ではないけどね。お稽古して人のできないことができ、人の知らないことを知るほど“粋”でかっこいい事はないよほんとに。始めたらきっと知" dc:identifier="http://naraitaina.bangalog.com/Entry/17/" /> -->
チン、リン、トン、ポン、シャン・・・・
三味線の音やそれにあわせて声を出す浄瑠璃は日本人なら誰でも一度は聞いたことのあるものだよね。
そして一度は自分でその音を出してみたいものでもあるよね。
今や江戸情緒あふれる三味線の響きや浄瑠璃は老若男女のための“粋”な音楽といっても過言ではないけどね。
お稽古して人のできないことができ、人の知らないことを知るほど“粋”でかっこいい事はないよほんとに。
始めたらきっと知人友人親戚縁者みんなに言いたくなるだろうね。
まったくの初心者大歓迎だよ!! 。だってお稽古はだれもが初心者なんだから!
色々ご質問の前に、基本的にそれぞれお師匠さんによって、お稽古の仕方や方針が違うから一概には言えないけどね。
はっきりとお聞きになりたいことを聞いてよく調べてから入門したりするのがいいかもしれないね。

+09:00" dc:description="門真の名物といえば、門真レンコンですね。私達の住む団地群が出来るまではこの辺は一面に沼地で蓮の畑が一面に広がっていたのだという噂を聞きました。その畑には縦横に張り巡らされた田舟で出かけるようですけどね。今は開発が進んで、その蓮畑さえ、残り少ないみたい。故に門真レンコンの希少価値が見直されているんですって。いろいろレンコンも大変なのですね。以前に『レンコン屋』という名物料理を提供する店主さんを招いて" dc:identifier="http://naraitaina.bangalog.com/Entry/16/" /> -->
門真の名物といえば、門真レンコンですね。私達の住む団地群が出来るまではこの辺は一面に沼地で蓮の畑が一面に広がっていたのだという噂を聞きました。その畑には縦横に張り巡らされた田舟で出かけるようですけどね。今は開発が進んで、その蓮畑さえ、残り少ないみたい。故に門真レンコンの希少価値が見直されているんですって。いろいろレンコンも大変なのですね。
以前に『レンコン屋』という名物料理を提供する店主さんを招いて
レンコン料理の講習会を行ったことがありました。レンコン専門店といった感じですね。
メニューは「レンコンの白和え」「レンコンと野菜の煮物」「レンコンハンバーグ」、いやぁ、レンコン好きにとってはたまらないレンコン料理の数々・・・。
地元のおばさんたちも来られていたのですが、ちょっとしたコツで野菜の煮物もよく味が沁みて美味しかったですよー。もちろんハンバーグも白和えも、普段小食の方も完食できたと喜ばれたのでわたしもとても嬉しかったです!
またいろんな料理にトライしてみたいと思います★
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
最新記事
ブログ内検索
ともだち紹介
カンガ アフリカのカンガ布の販売店です

英語の文法難しいWOULD 難しい英語の文法のWOULDを解説