忍者ブログ

12

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
+09:00" dc:description="×[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。function closeBlogInactiveCm(){document.getElementById('ninja-blog-inactive').style.display = "none";}" dc:identifier="http://naraitaina.bangalog.com/Entry//" /> -->
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

+09:00" dc:description="習い事の中でも最も多い物の一つは英会話ですね。 ただ逆に言うと、英会話は苦手と考えているひとが多いのかもしれません。まぁたしかに、日本人は文法と読解ばかりやるから、英語が話せないという批判は、日本の英語教育を批判する際の常套句です。教師が日本語で文法事項を解説し、英語の文章を日本語に訳してゆくという昔ながらの教授法は、「文法訳読法(the Grammar-translation method)」" dc:identifier="http://naraitaina.bangalog.com/Entry/7/" /> -->
習い事の中でも最も多い物の一つは英会話ですね。
ただ逆に言うと、英会話は苦手と考えているひとが多いのかもしれません。まぁたしかに、日本人は文法と読解ばかりやるから、英語が話せないという批判は、日本の英語教育を批判する際の常套句です。教師が日本語で文法事項を解説し、英語の文章を日本語に訳してゆくという昔ながらの教授法は、「文法訳読法(the Grammar-translation method)」と呼ばれますよねー。

文法訳読法の最近の評判は、決して芳しいものではありませんね。えー、国際化が進んでいるのに、日本人の英語力が一向に上がらないのは、どちらかというと、旧態依然とした文法訳読法の授業がいけないのだと、日本人の英語力不足の元凶として名指しされることもしばしばですって。

しかしながら、教授法の歴史を少し紐解いてみると、文法訳読法を一方的に悪役と決め付けるのは、それは物事を単純化しすぎた浅薄な意見に過ぎない、ということが分かってくるのではないでしょうか。
PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
最新記事
ブログ内検索
ともだち紹介
カンガ アフリカのカンガ布の販売店です

英語の文法難しいWOULD 難しい英語の文法のWOULDを解説